FXの運用方法

FXの運用方法 システムトレードとは

システムトレードとは、一定の条件にもとづいて動作するプログラムを利用して、ほぼ自動的に取引を行うというもので、FX、株、先物取引などで行われています。
最初に条件を指定しておけば、あとは半ばほったらかしでも自動的に取引が行われ、増益する仕組みです。(もちろん損益する可能性もございます)これほど楽な取引方法はないでしょう。
手動で取引を行っていると、損失が出たら取り戻そうとし、マージンコールがかかれば証拠金を追加してロスカットを回避しようとし、「何とか○円まで上がって(下がって)くれ」と、毎日祈るようにレートとにらめっこする、といったことをしがちです。しかし、システムトレードはトレーダーの感情を排して自動的に取引を行うので、手動での取引でありがちな、こういったストレスからも解放されます。
システムトレードを行うツールは、複数リリースされており、初期導入費用無料で成功報酬型のものもあります。
では、システムトレードはFX初心者にぴったりかというと、そういうわけでもないのです。
システムトレードでは、自動売買の結果を分析し、自分なりの理論や法則を発見して、それを反映させた取引ルールで運用しなければ利益を上げることはできません。
従って、FX初心者は、まずは手動で取引を行ってみて、相場の動きをある程度読めるようになってから、システムトレードを試してみることをおすすめします。

為替差益とは

円高でも円安でも収益のチャンス
為替レートは、円高になったり円安になったり、1日24時間常に動いています。
FX(外国為替証拠金取引)とは、外国の通貨を売買して、この為替レートの差による収益を狙う金融商品です。
FXの特徴は、「安い時に買って高くなったら売る」だけでなく「高い時に売って安くなったら買う」こともできる点にあります。為替レートは常に上昇と下落を繰り返して推移しており、円高・円安どちらの局面でも大きな収益のチャンスがあるのです。
例えば、これから現在より円安に動くと予想して、1ドル=115円の時にドルを買います。その後予想通り円安に動き、1ドル=116円になったので売りました。これで1ドル当り1円分の為替差益となるので、1万ドル(115万円相当)の売買であれば、1円×1万ドル=1万円の収益になります(取引コストは考慮していません)。
もうひとつの特徴は、証拠金取引の仕組みです。株の信用取引と同じように、レバレッジ(てこの原理)を利用して、小さな金額で大きな金額を動かせるのです。
自分の資金の何倍もの金額の取引ができるというわけです。
これを怖いと思う人もいるかもしれませんが、リスクを管理する方法もあります。仕組みがしっかり理解できれば、メリットが大きいシステムであることが理解できるでしょう。

デイトレードとは

ストレスの少ない取引、デイトレード FXには、相場の大きな流れに乗って長期的な売買で利益を上げる方法と、短期間に細かく何度も売買を繰り返して利益を上げる方法と、大きく分けて二通りあります。 このうち今回は、短期間で利益を上げる方法、デイトレードについて解説したいと思います。 デイトレードとは、新規注文と決済を1日(デイ)で完結させる取引手法のことです。デイトレードにも種類があります。 一つ目は、スキャルピングデイトレード。 スキャルピングは、一時期流行した手法で、 数秒から数分という超短期売買を何度も繰り返し、小さな為替差益を積み上げていく手法です。 二つ目は、デイトレスイングトレード。スキャルピングよりもゆっくりと、数時間単位で売買を行う手法です。スキャルピングと同様、ポジションを翌日に持ち越さず、1日で完結させます。 ポジションを長期的に保有していると、含み損を抱えることもあるため、不安や焦りが出てきたりしますが、デイトレードではどちらの手法でも1日で取引を完結させるため、ストレスは少なくてすみます。それぞれの手法にメリットデメリットがあるので、毎日の値動き等に応じて、使い分けるとよいでしょう。

スキャルピングとは

FXの取引手法の一つ、スキャルピングとはどういうものなのか説明したいと思います。 スキャルピングとは、短時間の売買で利益を上げる手法で、デイトレードを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、デイトレードとは少し異なります。 デイトレードは数時間から1日で取引を完結させますが、スキャルピングは、短い場合は数十秒という超短時間で取引を完結させ、その一瞬一瞬で利益を上げるのです。 この方法は、1回の利益は小さくても、「ちりも積もれば山となる」で、1日に何度も繰り返すことで儲けることができます。 しかし、スキャルピングでは取引のたびに取られるスプレッドが大きなネックとなります。スプレッドを考慮して取引をしないと、わずかな値動きでは利益が出ず、損をすることもありえます。それなりにリスクが大きいため、誰にでもできる簡単な取引手法ではないと言えます。 ただ、このスキャルピングは市場の動きを読みきれなくても、数秒後にレートが上がる、もしくは下がると予測して取引すればいいので、長期的な流れをじっくり考えて取引するよりこちらの手法の方が向いている、と感じる人も少なくありません。 FXには色々な取引手法がありますが、その一つに「スキャルピング」という手法があることを覚えておきましょう。

基本的に「ロスカット」は二通りあります。

基本的に「ロスカット」は二通りあります。 ひとつは自分で入れる「ロスカット」いわゆる「ストップ」ですね。ロスカットとは損切りですから「ここまで損失が膨らんだら、ロス(損失)をカット(切る)する」ですから、普通「追加証拠金」は発生しないですよね。ここまで分かりますね?で、二つ目は、FX業者は顧客に対して、証拠金以上の損害を与えない為に行う「強制ロスカット」いわゆる「マージンコール」ってやつです。こちらの方も「原則」追加証拠金は発生しない様にFX業者は努力しています。「原則」と言うのは、値が急に飛んだ時、スリッページと呼ばれています。と言うのは、例えば毎月第一金曜日21時半に発表される「米非農業雇用統計」とかFOMCの金利変更時とかに、「90.00-90.01-90.02-....」と通常の動き、1〜3pipsの動きではなく、「90.00から90.45」へ発表と同時に跳ね上がる場合がまれにあります。この時、もし「89.40円売り」で持っていてストップを 「90.10円」に入れていても「90.10円」は、素通りしてしまいストップは発動されずに、「90.45円」で発動される場合があります。その時、予定していなかった損害が生まれてしまい、証拠金が不足になってる場合、追加証拠金を請求されます。 

1分足の移動平均線

1分足の移動平均線の値は、 例えば今の時間なら、1分足の移動平均線の値は 20:38、39、40、41、42、43、44、45、46、47の終わり値の平均値になります。 5分足の場合は、 20:00、05、10、15、20、25、30、35、40、45の終わり値の平均値になります。 よって1分足と5分足の移動平均線の値は異なります。 ゴールデンクロスは日足を見るのかについては、どの時間足を見るかはトレードスタイルによって変わるので、人によって見る時間足というのは変わると思います。 しかし、多くのトレーダーは日足は最低でも見てるかと思います。 スキャルパーでもデイトレーダーでも、スイングトレーダーでも、日足は見てると思います。 しかしゴールデンクロスを見てるかどうかはその人の使ってる手法や戦略によって異なるので、全員が全員見てるわけではないと思います。

↓最大2万円キャッシュバック!!↓

DMM.com証券