主婦は忙しいからFXなんて無理?

主婦は忙しいからFXなんて無理?

「ミセスワタナベ」という名前を聞いたことはありませんか。世界中で有名ですが、実はこれ、日本のサラリーマンや主婦層のことです。海外の為替市場で外国為替取引が活発になる時間帯があるけれど原因不明。調べてみたら日本で昼休みにあたる時間帯にサラリーマンや主婦が取引していることが分かり、この呼び名が生まれました。

 

経済知識なんてなくてもできる?
通常、投資は難しいもの、というイメージがありますが、この話から分かるようにFXは自由になる時間が限られている人たちでもできる投資です。FXとは要するに外国為替の取引です。手持ちのお金より大きい金額で取引できますが、無茶をしなければ深い知識がなくてもできます。

 

FXで儲ける方法は、通貨を一つ選び、その為替動向を予想するだけです。外貨を買った時より円安になれば利益が出、円高になれば損をする。為替市場は政治情勢や企業業績などが反映されることもあるので、世界に目を向けてアンテナを延ばしておくとより予想しやすくなります。そうはいっても難しく考えることはなく、いつものニュースをちょっと注意深く聞くだけです。為替予想は空気を読む技術と言えるかもしれません。

主婦でもできる!FXでの儲け方

20代から30代の若い女性、50代、60代の女性まで、様々な年齢層の女性がFXを行っており、主婦でも儲かっている人は多いようです。主婦の間でFXが人気の理由は、子育てや家事で忙しく時間が取れない中、ちょっとしたすきま時間に取引でき、儲かるという特徴があるからです。
「FXは難しい」というイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。しかし、実際は簡単で、買ったらその値段より高く売り、売ったらその値段より安く買い戻せばいいだけなのです。
方法は、まずドルやユーロなど、取引したい通貨を選びます。そして、その通貨に対してこれから円安になるのか円高になるのかを予想します。円安になると思ったら買い、実際に円安になったところで売ります。円高になると思ったら売り、実際に円高になったところで買い戻します。日々の経済ニュースをしっかりチェックしていれば、円高になるか円安になるかは簡単に予想できます。実際に、普通の主婦でも成功して儲かっている人は多く、投資経験の浅い人にでもチャンスはあるのです。世界の経済事情にも詳しくなり、お金も儲けられるという、一石二鳥の方法です。

副業として、主婦やサラリーマンの間で人気

副業として、主婦やサラリーマンの間で人気のFX(外国為替証拠金取引)。 リーマンショックの際、多くの投資家が多額の損失を出し、 また政府のレバレッジ規制により、少額で大きな利益を得ることが難しくなってきたため、 ピークは過ぎたものの、いまだに人気は根強いです。 FXとは、外国の通貨を売買することです。 例えば、1ドル=100円の時に100万ドル買ったとします。 すると、1ドル=101円になったら1万円の利益、1ドル=99円になったら1万円の損失が出る、という仕組みです。 ただ、個人でそれだけの資金を用意することはなかなかできません。 そこで、誰でも気軽に少額で取引できるようにしたのが、「レバレッジ」(てこの原理)です。 例えば、レバレッジ10倍で100万円分の取引をするには、10万円用意すればよいという事です。 10万円で100万円分の取引をして1円動くと、1万円の利益もしくは損失が発生します。資金の1割です。 もちろんもっと少額でも可能ですが、チャートを知らずに取引するのはリスクが高いので絶対に禁物です。 どうしてもやってみたい人は、各FX会社が提供しているデモトレードから始めてみましょう。仮想資金を使って取引するので、お金はかかりません。

↓最大2万円キャッシュバック!!↓

DMM.com証券