お金について

貯金をされているでしょうか?

これを読まれている読者の方々は貯金をされているでしょうか?
ある説によれば、大学生が所持している貯金は、平均すると40万円ものお金になるようです。このことについて、あなたはどう思われますか?嘘だと思うぐらい多い金額ですよね。
私も同じ気持ちです。
この度のお話はお金が貯まらないと悩んでいる学生の方であっても可能なお金が貯まる為の方法を取り上げていこうと思います。
貯金額の目標は1年間で10万円としましょう。
不可能ではないと思いませんか?
それでは早速、本題に入っていきたいと思います。
いきなり先ほどのお金が貯まる方法のやり方から申し上げますと、硬貨で貯金を行なっていくといった方法です。
この方法を用いることによって、1年で10万円を貯めることも可能となるでしょう。
もう少し詳しく言うと、財布の中に存在している硬貨を全て取り出して、それを貯金に回していくといった方法です。
おそらく、現在ここを読まれている方の中には“貯金は無理”という言葉を何度も発しているかと思われます。
あるいは、“貯金するぞ”と気合いを入れても、どうも上手くいかないといったような方もいらっしゃるかと思われます。
私の見解では、お金が貯まらない方は、“最初から頑張り過ぎしてしまう”方だと思われます。
例を挙げるなら次のような行動を行なうような人達です。
お金を貯めていくことを決心して、そのために、お持ちの財布の中身(札)を別の封筒に入れる、これは貯金するためのものです。または、現在お持ちの銀行口座からの出金をしないようにした、そして、貯金用の口座の開設、これらのことは私も実践したことがあり、皆さんもどれかは経験があるかと思われます。
貯金を成功させる為には、硬貨でする方が札より成功しやすいと私は思います。

どうしてそのような見解になるかというと、答えは簡単で使う頻度の問題であり、硬貨より札の方が使う機会が多いからです。
封筒、口座いずれに貯金を行なうとしても、札はその場で使えてしまいます。
貯金に成功しない方には決まった流れというものがありまして、おそらく以下の流れだと思われます。
まずは、貯金を開始して、お金が千単位、または万単位貯まったと思ったら、ふと貯金を下ろしてしまい、気付いた時にはもう無いといった状態から、再び貯金を開始する。
心当たりがあるのではないでしょうか?

お金を下ろすきっかけとしては、友達に突然誘われることであって、仕方なく口座から3千円程下ろしてしまうといった感じです。これをすることによって、中々増えていかないといったようなこともあるかと思われます。
お札は使用しやすいことから、すぐに使ってしまい貯金には向いていないと見ることが出来ます。
さてここで、いきなりですが、次に述べるようなことをイメージして下さい。
現在、あなたの手元に1万円札が1枚だけあったとしましょう。当然それはあなたのものであります。そして、それから友達から遊びの誘いを受け、普段から行きつけの飲み屋で特に意味もないような話をし、使用金額はおよそ3千円と決まっています。
このような状況ですと、物凄く忙しくない場合でなければ1万円があるのだから、友達の誘いを受けるかと思われます。
おそらく大方の方がその選択をされることでしょう。
では、次の例ではあなたはどうされるでしょうか?
後日、また同じような感じで友達からの誘いを受け、この前の時と同じ店で金額も同じであるとしましょう。
そして、手持ちのお金の合計金額は1万円となっていますが、今度は全部1円玉です。
このケースだとどうするでしょうか?
少し現実離れしているような感じですが、私が言いたいことがお分かりでしょうか?
同じ金額のお金であっても、札、硬貨といったように形態が変化することによって使う時の感じ方も変化するということです。
つまり、小銭だと使いにくいため、すぐに札に手を出してしまうといった感じでしょうか。
実はこれとは正反対のケースも存在しますので、御紹介したいと思います。
例を挙げるなら、手持ちのお金が1万円札のみの状態である時、大抵の方はコンビニエンスストア等において、200円程度のものは買いにくいかと思われます。
これはレジの方に悪いといった心情からだと思われます。

実際、それを行なうと端数(10円単位や1円単位)のお金を求められたりして、面倒ということもあるでしょう。
つまり同じ金額のお金であっても、その時々によって使いやすさが変化するといっても良いかと思います。
こうした心理を応用して、貯金に活かしていくといったことで、今回御紹介した“小銭を用いて貯金をしていく”ということに繋がります。

では、ここで練習の意味も含めまして、実際に例を挙げて計算してみたいと思います。 仮に、自己負担額が3割となっていて、年齢が70歳になっていない、先ほどの所得による区分が一般の方が居たとしましょう。 この方が病院の窓口にて20万円を支払ったとすると、3割負担となっていますので、67万円が本当にかかった医療費となります。 早速先ほどの式に当てはめてみると、“80100+(670000円−267000)×1%”となります。 この計算を行なうと、84130円という答えを得ることができます。 実際に支払ったお金が20万円ですから、この20万円から今得られた84130円を引いたら115870円という答えが得られ、この金額が“高額療養費”となり、この方に支給されることとなります。 そして、最終的にこの方が負担しなければならない金額としては20万円から115870円を引いた、84130円と計算することができ、支払金額が20万円だったとしても、実際の負担は8万4千円ぐらいで終わったことになります。 これまでからも分かる通り、この高額療養費制度というものは、病院にかかる費用が減らせるため非常に便利なものと言えます。 ですが、この制度を利用にあたっての注意点がいくつかありますので、それについて見ていきます。 まず、この制度を用いても入院、治療にかかった費用を全部負担してもらえるものではないということ、そして、この制度を利用したとしてもすぐにはお金は貰えず、申し込み後2週間から3週間程かかるといったことです。 かかってしまった病気、治療方法により、まず病院への支払いを行なわなければならない場合があり、またその際の支払い金額が時には20万円から30万円程となってしまうケースも考えられます。普通ならそのような支払いは容易ではないでしょう。 ではそのようなケースに遭遇した際、どのように対処したらと良いのかといったことを次にお話していきたいと思います。 よく知られている方法としては3つ存在し、具体的には、クレジットカードを用いる、実際にお世話になった病院への相談、カードローンを用いる、の3つです。 そして、それぞれについて見ていくと、クレジットカードは入院したことによってかかった費用をクレジットカードを用いて支払うといったことで、予めカードを使えるかどうか確認されると良いかと思います。 病院への相談については、これはあまりに高額の場合に、支払いを一括ではなく分割にしていただくといったことです。病院によっては受け入れていただけることもあります。 カードローンを用いることについては、これを利用して得たお金を病院への支払いに充てるといったものです。 この方法を用いる利点はいくつか存在し、まずは申し込んだその日にお金を受け取れるといった点です。 さらに、こういったケースでのキャッシングについては、総量規制における例外事項とされていることで、もしその時点でカードローン用いての借金があったとしても、新たにキャッシングが可能となる場合があるということ、そしてもう一つはクレジットカードを用いたキャッシングと比較し、金利が安いことが多いといった点です。 カードローンで発生した借金についても、高額療養費制度を用いることによって得られたお金を返済資金とすることによって、利息も抑えることが可能となります。 次に先ほども触れました総量規制と医療費の関係について見ていきたいと思います。 急に発生した医療費の支払いを目的としたキャッシングに関しては総量規制における例外事項であるとされています。 これは、1年間の収入の3分の1を超えたキャッシングとなる場合でも、返済できるということを理解してもらうことによって、キャッシングが出来るといったことです。 ただ、注意したいのは、“例外”という言葉です。“対象外”とは意味が違いますので、決して“医療費は総量規制とはならないもの”とは思わないで下さい。 最後にまとめとして、病院での支払いが高額になってしまった際には、まずは高額療養費制度を上手に活用することによって、あなた自身が支払う金額も非常に減ることとなります。ですがそれを利用して実際にお金を受け取れるまでには、時間がかかり、お申し込み後2週間から3週間程とされています。 そして、このような特徴を持った制度であることから、病院に先に支払いをしなければならないケースがあり、そういった時には、クレジットカードやカードローン、もしくは病院に対して分割にしてもらうといった話し合いによって、解決することができる場合があります。カードローンを利用する場合は、有名な消費者金融のカードローンを利用することで、1日中お申し込みをすることができ、申し込んだその日にお金を受け取ることができる場合がありますので、非常に便利です。

↓最大2万円キャッシュバック!!↓

DMM.com証券