FXのスワップポイント攻略方法

FXで金利生活するには?

FXの大きな魅力のひとつといえば、「スワップポイント」です。
「スワップ(SWAP)」とは、日本語で「交換」という意味です。FX用語では、取引するふたつの通貨の間に発生する金利差のことをいいます。
高金利通貨を買い、低金利通貨を売ると、ふたつの通貨の間に金利差が生じます。これが「スワップポイント」です。
現在の日本円は非常に低金利です。この金利の低い日本円を売って、高金利通貨を買うと、このふたつの通貨の金利差額分をスワップポイントとして受け取ることができるのです。
逆に、高金利通貨を売って低金利通貨を買うと、スワップポイントを支払わなければなりません。
また、スワップポイントは毎日受け取ることができます。外貨預金とは異なる点です。
まず、新規注文を出し、特定の通貨の買いポジションまたは売りポジションを持ちます。そのポジションを決済せずに翌日に持ち越すと、スワップポイントの受け取りまたは支払いが発生するという仕組みになっています。
つまり、ポジションを持ち越した日数分スワップポイントが発生するわけです。
では、実際のスワップポイントはどうなっているのでしょうか。FX業者によってスワップポイントは異なります。

 

たとえば、豪ドル/円の「買い」ポジションを持ったとします。
金利の高い豪ドルを買い、金利の低い円を売ったので、金利差がプラスになります。このプラスの金利差額分が、受け取れるスワップポイントとなるのです。これが「スワップトレード」です。
しかし、逆にスワップポイントを支払うことになる場合もあります。
たとえば、豪ドル/円の「売り」ポジションを持ったとします。
金利の高い豪ドルを売り、金利の低い円を買ったので、金利差がマイナスになります。このマイナスの金利差額分が、支払わなければならないスワップポイントとなるのです。
このように、スワップポイントは受け取る場合もあれば、支払う場合もあります。

 

 

金利差とは何か?

金利差とは、FXにおいて「スワップポイント」または「スワップ金利」と呼ばれているもので、各国で定められている政策金利の差、またはその差によって発生する損益のことです。
金利差の大きい通貨ペアで、金利の高い通貨を買って、低い通貨を売った場合、1日単位でその金利差額分を利益として受け取れます。逆に金利の低い通貨を買って、高い通貨を売った場合には、同じく1日単位でその金利差額分の支払いが発生します。
例えば、日本円の金利が1%、オーストラリア・ドルの金利が5%だった場合、年4%の金利差が発生します。これを365日で割ると1日の差額になります。オーストラリア・ドルを買って日本円を売ると、この差額分が受け取れ、日本円を買ってオーストラリア・ドルを売ると、この差額分を支払うことになるのです。ただし、このスワップ金利の金額は、各FX会社によって大きく異なります。政策金利の差がそのまま反映されるわけではないのです。
また、各国の経済状況によって、突然利上げや利下げが行われることもあるため、スワップ金利狙いで高金利通貨を長期保有する場合には注意が必要です。各国の経済ニュース等は必ずチェックしておきましょう。

 

日本の銀行預金は超低金利です。定期預金でも0.何%、普通預金ならさらに低くなります。
しかも1、2年ではなく、10年以上もの長期間この状態が続いています。
これだけ長く超低金利が続いている状態では、日本の銀行預金で金利生活をしようとしてもほぼ不可能でしょう。
しかし、海外を見ると、それほど低金利な国ばかりではありません。日本とは比べ物にならないほど金利の高い通貨もあるのです。
その中でも、日本人に最も人気のある高金利通貨が、いち早く多くのFX会社で取り扱われてきた南アフリカランドです。
南アフリカの政策金利は年5.75%となっており、FXでランド円の買いポジションを保有すると、この南アフリカの金利と日本の金利との差額分が利益として受け取れます。
しかも、日本の定期預金や外貨預金と違い、1年に1回だけではなく、毎日日割り分が受け取れるというのも、FXのスワップトレードの魅力です。
ただし、FX会社によって受け取れるスワップポイントは大きく異なります。
一番受け取れるスワップポイントが高い会社を選び、少しでも多く受け取れるようにしましょう。

 

 

 

スワップトレード向きのFX会社とは

スワップトレードを行う会社を選ぶポイントとして重要なのは、単純なスワップ金利の高さだけではなく、高いスワップ金利を安定して提示し続けているかどうか、という点です。
ここ3-4年の間では、ライブスター証券とYJFX!が安定して高いスワップ金利を提示していることが、定期的な調査で分かりました。
直近ではJFX、安定しているという点で選ぶのであれば、ライブスター証券かYJFX!のいずれかが良いでしょう。
資金に余裕があるならライブスター証券、少額ならYJFX!がおすすめ
上記3つのうち、どの会社が良いかは資金量によります。単純に数字を比較すれば良いというものではありません。
資金に余裕があり、短期トレード用の口座とスワップトレード用の口座を分けられるなら、ライブスター証券がおすすめ。スワップ金利が安定して高く、ずっと上位に入っています。他社は検討しなくても良いほどです。
資金が少なく口座を分けられないなら、YJFX!がおすすめ。1万通貨未満だと取引手数料がかかりますが、スワップトレードでは長期でポジションを保有するので、頻繁に売買を繰り返す短期トレードとは違い、それほど大きなコストにはなりません。

FXのスワップ金利と為替差損の関係

FXでスワップトレードをする場合、基本的に長期保有することになります。高金利通貨である豪ドルや南アフリカランドなどを買えば、スワップ金利による利益と為替差益の両方を狙えるので、一挙両得といったところでしょう。
しかし、このようなスワップトレードにも、リスクがないとはいえません。
たとえば、資源国通貨と呼ばれる豪ドルやニュージーランドドルは、高金利で日本人の投資家に人気がありますが、もともとマーケットが小さく、大口の注文があると相場が一方向に動きやすくなってしまう傾向があります。このような為替相場の変動によっては、スワップ金利による利益以上に為替差損が膨らんでしまうことがあるのです。
高金利通貨を保有していると、スワップ金利が受け取れるため、円高が進んでも、また戻ることを期待して放置してしまいがちですが、急激に円高が進み、円安に戻らず、コツコツ積み重ねたスワップ金利による利益が、為替差損によって帳消しになってしまう場合もあるのです。
このようなリスクがあるということも理解しておきましょう。

スワップポイントは本当にお得?

スワップとは「交換」、ポイントは「金利」を意味しています。 FXのスワップポイントは、2つの通貨を交換するときに生じる金利差(損益)のことを指します。 スワップポイントは本当にお得なのでしょうか?実際のところ何とも言えませんね。 例えばオーストラリアドルをみてみましょう。高金利で有名な通貨です。 1〜2年後のレートがいくらになっているか、そんなのは誰にもわかりませんから。 ただ、歴史的に見て、日本がオーストラリアより政策金利が高くなった事は、おそらくないと思います。そうゆう意味ではスワップ金利はずっともらえると思います。 ただ、2007年11月には107円台だった豪ドル円は、2008年10月には55円まで下落しています。約半値になっているので、安全と言われているレバレッジ2倍でも、天井でロングしていたとしたら、条件次第ではロスカットされていた事でしょう。 ちなみに2008年10月の豪ドル円の高値は77円台で、安値は55円台です。それくらい動く事もあります。 売買手数料はほとんどの業者が無料でしょうが、スプレッドは3銭程度のところが多いみたいです。 くどいよいですが外貨預金の場合、安くても往復で50銭です。高いところだと往復4円とか取ります。FXがどれだけ安いかを感じていただければと思います。

スワップ金利狙いに適したFX会社とは?

日本は諸外国と比べ、非常に低金利です。 だからこそ、高金利通貨を買って金利差額分を毎日受け取ることができるのです。 このスワップ金利は各FX会社によって異なりますが、わずかな差でも何年も積み重なると大きな差になります。 スワップ金利狙いで長期的にポジションを保有するのなら、スプレッドなどは無視して、スワップ金利の高い、安全な会社を選びましょう。 スプレッドや手数料は無視 長期的にポジションを保有し、スワップ金利を積み重ねるキャリートレードでは、短期間に頻繁に売買を繰り返すトレードとは異なり、一回あたりの手数料やスリッページ、スプレッドはさほど大きなコストにはなりません。とりあえず無視してしまいましょう。 最もこだわるべき点は、スワップ金利の高さです。 スワップ金利の引き出し方について スワップ金利は、ポジションを決済しなければ引き出せない会社と、決済しなくても引き出せる会社があります。 ポジションを保有したまま少しずつスワップ金利を引き出せれば、新たに証拠金に回して複利運用することもできるので、決済しなくてもスワップ金利のみ引き出せるのかどうかは重要です。しっかりチェックしましょう。 信託保全について 長期的にポジションを保有するので、FX会社が破綻するリスクがないとは限りません。 全額信託保全かどうかや信託保全先、取り組み方などが明確に記載されている、安全性の高い会社を選ぶと、安心して取引できますね。
外貨預金をされていると分ると思いますが、外貨預金は準備されている手持ちの金額分だけでしか外貨を買えません。しかしFXでは手元の資金にレバレッジをかけて手元にある金額以上の金額の取引が出来ます。 例えば100万円を外貨預金で運用すると、100万円だけに対してしか利率で計算しますがFXでレバレッジで三倍をかけると300万円分に利息がつきます。 また、同じ金額のものでもFXではスワップ金利も多くつくことになります。 スワップ金利が目的の場合、レバレッジをかけるとすると5倍以内が安全ではないかと言われています。それ以上は儲けが多く出る可能性もありますが、リスクも高くなることを忘れないでください。 FXは25倍までレバレッジ出来る FXでの最高のレバレッジは25倍となっています。 簡単に100万円をレバレッジ25倍で運用するとすると、年間25万のスワップ金利の収益を得られます。式にすると100万円×25倍×1%=25万円 うれしいことに、外貨預金よりもスワップ金利は高いのでその分利益が出やすいです。 もっと具ったい的な例だと、例えば2011年9月6日からFXCMジャパンで100万を一年間運用します。売買レートは(豪ドル/円)81.57円で30万通貨、レバレッジは24、47倍の場合ですと、一日のスワップ金利は3390円になります。年間にしますと、1237350円になります。つまり、123、74%で運用できます。 こうなると、FXをやりたくなる気持ちがわかるでしょう。 しかし、この例は為替の差益と差損を考慮しておらず、ロストカットされなかったという設定です。 やはり金利収入を目的とするなら、レバレッジは5倍以内がいいと思います。 もっというなら、安全を重視するなら3倍以内がいいです。
簡単にいうとFXは投資の一種で円を売って外貨を買うというものです。理想は安い時に買い高い時に売る、その差額で儲けるのがいいです。しかし、FXはそれだけではなく儲ける方法があります。それがスワップという方法です。安い時に買うとか高い時に売るとかそういったのは全然関係ないものです。FXでは外国通貨を所持していると、その間はその外国と日本の金利差が生じます。その金利差分がスワップといい、それを現金で貰えるという仕組みです。 私が、投資をはじめようと思いFXを始めたのも、スワップに惹かれたからです。 為替差益でがっぽりと儲けることを夢見てしまいますが、常に相場は動いており専門家でも確実に未来を予測できることは難しいのです。なので、利益が出ていても次の瞬間いっきに損失に転じる可能性も大きいのです。大まかに、上がるか下がるか予想するのは二分の1と思い簡単そうに思いますが、常に為替は動いており止まることはなく長期間見てみると大きな波を作っています。 投資をしているとこんな言葉を聞きます。 「相場は行ったり来たり」 私もその通りだと思います。チャートをみればすぐに分りますが、相場は上下に動きまわっています。下がったなと感じてすぐに売るのではなく、少し待ってみるとまた上がったりと一喜一憂せずに投資はリスク管理をしっかりと行えば心を乱されずに相場の流れを冷静に見ることが出来ます。なぜそういえるのかと言いますと、FXと株の大きく異なる点は会社の業績が悪化して倒産して株券の価値が全くなくなるといったリスクがFXはほとんどないからです。つまり国が壊滅的になり潰れるという状況になるのかなり少ないと思われるからです。自分が予想していたのとは違う方向に相場が動いてしまい、塩漬け状態と言われる状態になったとしても、スワップはたまっていきます。スワップと言うのは株でいう「配当金」のようなもので、おまけのようなものなので株の配当金のようなものですが、実はスワップは金額が大きいのです。この金額をみると株主優待は魅力がぐっと低く感じます。 レートが下がってしまったとしても、上手くいけばスワップで持ちこたえて自分の思う方向にレートがまた動きだすということもあります。そう考えると、どんなタイミングで買っても一緒じゃないかと思ってしまいますが、やはりリスク管理の上ではしっかりとチャートをみて研究をして安いところで買うというのが大事になってきます。そうすると、差益で儲けることも可能になってき、為替差益はスワップを軽く上回って来ることの方が多いのでレバレッジには気をつける必要があります。レバレッジは低めでレバレッジの取引をします。

ゆっくりじっくり長期的運用

スワップ金利を狙う!ゆっくりじっくり長期的運用 世界には、高金利の国もあれば低金利の国もあります。 FXでは、売った通貨と買った通貨の2国間の金利差額分が利益として付与されます。それが「スワップポイント」です。 このスワップ金利を狙う「スワップトレード」は、ローリスクで少額から始められ、時間がなくてもできる取引方法です。 方法は、金利の高い外国の通貨を買って、そのまま長期的に保有するだけ。 買いであれば、保有した日数分、スワップポイントが受け取れるので、日々利益が積み上がっていきます。 スキャルピングのような、ハイリスクハイリターンの取引をするわけではないので、ローリスクです。 買いポジションを長期保有しているだけなので、基本的に買ったらあとは何もする必要はなく、時間がなくてもできます。 また、レバレッジを利用すれば、少額から始めることも可能です。 但し、FX会社によって、1万米ドルあたりのスワップポイントには差があるので注意が必要です。 FXでスワップ金利狙いの長期的運用をするなら、 買いのスワップポイントが高いFX会社を選ぶことが重要となります。

↓最大2万円キャッシュバック!!↓

DMM.com証券