さざなみ投資法

さざなみ投資法

数年前の日本と主要通貨国の金利差があった時、「さざなみ投資法」ってのがありまして、要するにスワップ3倍デーの木曜日のロールオーバー前にロングしてスワップ金利をもらい、その後とっとと決済してしまうという手法が流行りました。

 

実際にやってみたのですが、スプレッド分もありますし、ロールオーバー後に、さざなみ投資法をやっている人が大量に売りに走るので、京都♂市民さんのおっしゃる通りに下落する事が多かったです。

 

そこで、ロールオーバーの時間の違うGFT系の口座を作り、ロールオーバーしてもマイナススワップが発生しない口座を開設し、サマータイムで5時59分とかにショートしてサヤを稼ぐ方法も試しました。

 

勝率は結構よかったけど、100%勝てるわけではありません。週1回しかチャンスがないし、その時間に起きなければならないし、労力の割に儲からないので辞めてしまいました。

 

 

大きな指標の発表前にボリンジャーバンドの上下2σの外に20p離して、どちらにブレイクしてもいいような手法を使ったことがあります。
利益確定は、30p〜50p、損切は20p〜40pでやってみました。
結果は、あまりよくありませんでした。原因としては、ちゃんとトレンドには乗ったものの、値動きの激しさの為損切にすぐに引っかかる。かといって、損切のラインを大きくすると、ダマシに会った時の損害が大きい。といった原因が主な理由です。
今は、成行でやってます。指標前に上下のラインとボリンジャーバンドの収斂を確認して、ブレイクのタイミングを待ちます。5分足での長い足がそのラインを突き抜けたのを確認してエントリーします。逆に動いて平均線を反対に割り込んだら損切します。利益確定は、うまくいえませんが、30p〜50pのチャートの節目でしてます。
ダマシに合った時は、反対のラインを突き抜けた時点で同じようにエントリーします。
自分はチキンなので、この方法は、ハイリスクハイリターンなので正直ビビリながらやってます。でもIFOで固定するよりは、勝ちやすいと思います。

 

ひょっとしたら、業者によったら、最初に証拠金いくら以上いれてくださいってとこがあるかもしれませんが、
基本的に証拠金なんて10万でも100万でもいくらでもいいといえるでしょう。

 

短期売買してみるということであれば、最初に無闇にたくさん入金しないほうがいいかと思います。
当然、証拠金維持率という意味では、証拠金が多い方が安全との見方もできるのですが、
たくさん入金すると、まだ大丈夫だとなって、ついたくさんのポジションもって
吹き飛ぶ危険がありますし、
2万円でも千通貨の取引であれば結構遊べます。

 

 

長期保有の場合、低レバレッジにするために例えば100万円入金しました。
豪ドル1万買いました。
証拠金に余裕があるので、もう一万買いました。
まだいけそうなので、さらに一万買いました。
これをやりはじめたら危険です。
FXだと外貨預金とちがいこれが出来てしまうので、注意が必要かと思います。

 

どんな口座も一長一短かと、スワップ狙うならスワップが多めな会社がいいでしょうし、
短期売買ならスプレッドが小さい会社。取引ツールも各社それぞれなので
使ってみないとなかなか良し悪しはわからないものです。

 

ようは各個人の使い方しだいです。どの会社でも使い方間違ったら、100万
だろうが、200万だろうあっというまに吹き飛ばすことも可能ですし、 2万円でも長く楽しめたりもします。

 

 

数年前にFXの存在を知り、興味を持った私。その当時外貨定期預金で運用していたのですが、手数料やレバレッジの面から考えるとFXの方がお得だ!ということがわかり、資金を移し替えることにしました。
とは言え、全くの知識ナシの状態で飛び込むのは危険だと思い、マネー誌やFX本を買って基礎知識の勉強。専門用語のローソクの意味を理解した後で、挑戦してみました。
私が狙っていたのは短期のトレードで着々と利益を積む方法。円高になるか円安になるか2つに一つなのだから、何とかいけるだろうと思っていたのですが、その考えが甘かったことはトレードをしてすぐに気づきました。予測で売買をしていたので全くうまくいかず、予測とは逆の方に振れて損失が増えるばかり。損切りもなかなかできず、損が膨らんでいきました。たまには勝つこともありましたが、総合的にみたら損失の方が大きい。こ、これは…と愕然としてしまいました。一か月がたったころに、ようやく付け焼刃の知識でトレードをしたらダメだ!と目が覚めました。
しかし本気でチャートの勉強をするほどの根性もなかった私。最終的に選んだのが、長期保有でスワップポイントを稼ぐという方法でした。円高に振れたら少しずつ買い増しし、円安になるまでじっと待ちます。そして円安になったら即利益確定。単純ですが、この方法を続けて半年たった頃に26万円の利益を出すことができました。それ以降は、ずっと長期保有でのトレードです。
初めてのトレードで苦い思いをしましたが、決してムダではなかったなと思います。

具体的な手法の話ではなく、巷に溢れる「楽して儲かる」的なイメージを払拭すべく、本来のリスクや投資の難しさを教えることができればと思い、最初の一年は、心が折れないこと、資金が尽きないことを目標にやるように話をしてきました。
ある程度の経験を積めば、ウェブ上に溢れている情報の中で、信用してもいいものと信用すべきではないものの区別もつくようになりますが、知識と経験に乏しい時には、それすら判断つかないと思われます。自分もそうでした。おそらく、そうした失敗の中で多くの人が相場の世界から去っていったのかなーと思います。
自分がそういったオリエンテーションをした方で残っている方も、1割未満です。
自分も今の自分になるまでに、多くの書物や、ネット上の多くの方に、いろんなことを教えてもらいましたので、今度は自分がそれを返せればと思っています。
手法を教えるほどの技量は、まだありませんので、相場の世界に踏み込む前に知っておくことやその覚悟の必要性を教えてるだけですねどね。
もちろん、覚悟の足りない不労所得万歳という態度の方もいます。それでも、相場の可能性に希望を持っている人が、何もわからないうちに退場するのは悲惨だと思ってやっています。

↓最大2万円キャッシュバック!!↓

DMM.com証券