スマホ FX レバレッジ

レバレッジ

外国為替証拠金取引(FX)ではレバレッジという言葉がよく使われます。これは日本語に直すと「てこ」という意味です。取引金額と証拠金(保証金)の割合(倍数)をレバレッジと呼びます。

 

実際に計算してみましょうか。

 

口座に10万円入金。1ドル100円の時。

 

 

ケース@ 1000通貨購入した時

 

100ドル×1000通貨=10万円

 

口座残高10万円に対して、ポジション保有高が10万円

 

故にレバレッジ1倍

 

 

ケースA 5000通貨購入した時

 

100ドル×5000通貨=50万円

 

口座残高10万円に対して、ポジション保有高が50万円

 

故にレバレッジ5倍

 

 

ケースB 20000通貨購入した時

 

100ドル×20000通貨=200万円

 

口座残高10万円に対して、ポジション保有高が200万円

 

故にレバレッジ20倍

 

 

ポジション保有高は、口座残高の何倍ですか?

 

ってのが、実際のレバレッジです。

 

 

業者によっては、「レバレッジ○○倍コース」とか、

 

ポジションごとにレバレッジを設定出来たりしますが、

 

それは「最大○○倍までレバレッジを掛けられますよ」

 

って事です。

 

厳密に言うとちょっと違うんですけどね。

 

 

だから、「レバレッジ20倍」でケース@のような取引をした場合でも、

 

実際のレバレッジは1倍になるのです。

 

 

 

 

レバレッジは自動車のスピードみたいなもので、スピードを出した方が目的地にたどり着くのが早くなりますが、事故る可能性は高くなります。

 

実際の取引でレバレッジを掛けてみればわかると思いますが、低レバでやった時ほど勝てると思います。それで「もっとレバレッジかけておけばよかったな」と。

 

で、レバレッジかけてトレードすると負ける。まぁそんなもんだと思いますよ。

 

初心者さんがレバレッジをかけてトレードするのは反対ではありませんが、それはリスク管理がちゃんとできてこそだと思います。負ける事を想定しているか否かです。

 

FXは儲ける為にやっています。もちろん参加者全員そう思っていますが、ほとんどの人が損をしていると聞きます。当然連戦連勝なんて出来ませんから、リスクとどう付き合うかが、最終的に儲ける為には非常に大事ではないでしょうか。

 

だったら、一回の儲けを減らしても、一回の損失を抑えた方がいいと、私は思います。

レバレッジを冷静に考えてください。

 

1枚(1万通貨)のドル円をポジションしたら、93万5千円ですよね。
それをレバ1倍とかんがえます。
95万はらって1万通かをポジションするんだから、ドルが0円になって自分の資金が
なくなるイメージ。
10倍というのは9万3500円で1枚のポジションを取ると、10倍のイメージです。

 

ただ、実際には1枚の証拠金3万8千円(約25倍)の証拠金を取られ
口座残高が93.5万+3.8万円を1倍という考え方をする感じです。
証拠金1枚分+負けて良い余剰金93.5万だと、現時点のドルが1円になってもOK
ショートの場合は187円くらいまでOKです。

 

レバレッジを難しく考えず、余剰金は何円かを考えた方が良いです。
証拠金を除いた余剰金が500万あれば500万負けてもOK
こととき500枚(500万通貨)なら1円変動で500万負けるから終了
10枚なら50円変動で500万負けますから終了です。

 

レバが高いと、終了までの値域が狭いので
自分の破産が2円で破産なのか50円で破産なのか90円で破産なのかが
レバレッジに変わる簡単な考え方

レバレッジ効果を有効活用

FXで稼ぐには為替変動で差益を稼ぐ方法と、外貨との金利差で稼ぐ方法がありますが、ここでは為替変動で差益を稼ぐ方法をご紹介します。

 

お金をやり取りするのは大変?
為替差益を稼ぐといっても、元手が小さいと利益も小さいです。ここで、FX特有のレバレッジ効果の出番です。レバレッジとは「てこの力」という意味で、少ない自己資金もレバレッジを効かせれば手持ちの数倍の金額での取引を可能にします。しかし、実際には現金をやり取りせず差金決済という決済方法をとります。行った取引の買値と売値の差額だけが実際のお金として決済されるのです。証拠金を元手に仮想取引をする、と考えてもいいでしょう。
具体的には、証拠金という現金を差し入れそのレバレッジ倍率を決めます。証拠金10万円レバレッジ10倍、つまり100万円分の為替取引をして1円円安になると為替差益は1万円、証拠金の10%が儲かります。外貨買付で使えるレバレッジ倍率が気になりますが、1倍から数百倍まで、FX会社によって様々です。
利益も現金として帰ってきますが、損失も現金として失われることをお忘れなく。

↓最大2万円キャッシュバック!!↓

DMM.com証券