FXのスキャルピング

スキャルピング

スキャルピングとは、簡単に言えばデイトレードの一種です。
とは言っても一般的にイメージするデイトレードよりもずっと多くの取引を一日の中で行います。ずっと多くの取引ってどのくらい?と思われるかもしれませんが、明確な定義があるわけではありません。ただ、数十回〜数百回の取引を行うことが一般的です。
ちなみに一回の取引は長くて30分くらい。短ければ数十秒で一つの取引が終了するなんてこともあります。
デイトレ以上のローリスクローリターンのトレード手法なので、FX業者選びも重要です。
手数料無料が前提でないと、そもそも利益を上げることが出来ません。それだけでなく、短い時間で何度もの取引に耐えられるだけのサーバを持ったしっかりした業者を選ぶということも大事ですね。

 

 

スキャルピングが難しいと言われるおそらく一番の理由は、想定利益や損失に対するコストの高さです。

 

買いと売りのスプレッドがありますよね?
その差が業者の利益であり、我々の相場への参加コストです。

 

仮にこのスプレッドを、0.01円とします。
スキャルによって、利益を0.10円とすると10%マイナスの位置からスタートすることになりますよね?
これがスイング等の長期トレードの場合、利益を1.00円とすると、1%マイナスの位置からスタートすることになります。

 

これが、デメリットというか、難しい部分になります。

 

ただ逆に、長期予想よりも短期予想のが当てやすい。
短期間で決済するので、資金効率が良い。
等のメリットも有ります。

 

一定期間、取引をされて安定した利益が出ているのであれば、優位性のある手法なので、そのまま続けられても良いと思います。

 

差し支えないのであれば、
トレード回数
平均利益
平均損失
勝率の
4つがわかると、もう少し具体的なお話しが出来るかもしれません。

1ヶ月で25営業日ほどあります。

 

1日あたり6000円になりますね。

 

10000通貨トレードだと60pps

 

20000通貨トレードだと30pps

 

現実には、これ以上の枚数で勝負するのは危険です。

 

ましてや、相場に詳しくないサトさんには更に危険です。

 

2ヶ月でなら50営業日です。

 

1日に1枚トレードで30pps
2枚トレードで15pps

 

 

これくらいを目指すのであれば十分可能性あります。
何も、10枚で維持率キチキチにトレードしなくてもいいんではないかと。

 

 

スキャルピングは知識や瞬間の判断力が必要です。

 

それと、スプレッド分不利になります。

 

例えばスプレッド1銭だとしましょう。

 

利食い10pps 損切り10ppsだと利食いには10ppsの値動きが必要だけど、損切りには9ppsの値動きでアウトです。

 

1ヶ月で50回のトレードをすると、

 

スプレッドによる手数料が50銭かかります。

 

100回トレードするなら1円分、より多く勝たないといけません。

 

 

 

今の現状ですと2ヶ月で15万を目指して、
普段は1枚トレードで最大2枚までのトレード。

 

で考えてみてはどうでしょう?

 

勝率95%なんて簡単なからくりがあります。

 

それで実際勝てますし。

 

勝率50%でも勝てるからくりもあります。

 

それをまず見つけましょう。

リスク管理

為替相場はめまぐるしく変わります。数秒単位で数銭、数十銭と変わります。数円単位で売買を判断する長期ポジションの取引と異なりスキャルピングでは銭単位の値動きを狙います。個人投資家がFXを使えるようになった頃は色々と制約が多かったのですが、顧客獲得を狙ってFX会社が争って取引環境を整えていった結果、個人投資家でもプロ並みの取引を行えるようになりました。 数秒単位だと「労多くして益少なし」では? 外為市場は時折予想もしなかった出来事によって大きく変動します。2008年9月15日リーマン・ブラザーズ破綻直後、2011年3月11日東日本大震災の直後、円はドルに対して急騰しました。短期間で数円動けばレバレッジを効かせた取引額はどれほどの影響を受けるでしょうか。情報化が進み、地球のどこかで起きた事件の影響はあっという間に世界に広まります。数秒〜数分単位のみ、と決めて取引していれば大きな変動の波に飲み込まれずに済みます。 面倒がらずに小まめに手入れできる人にとってスキャルピングはリスク管理の一つの形と言えるかもしれません。
海外のこういった勉強会みたいなサイト、知っている方ももちろん多いですね。 FOREXのフォーラムで自作のEAなどを披瀝しあったり、批評を求めたりしてますね。 楽しいのでEAを貰って来てはMT4の上でバックテストをしたり programのscriptを解析したりして、どんな考え方をしているのかな?と 参考にしています。 scalpingが多いですねえ、流行りなんですね。 マーチンゲール、ナンピンと手法の花ざかりです。 そんな中、「おや」と思ったのは最初に0.01ロットで売り、買い、を指示し そのあと、「もしその0.01ロットがプラスになったら・・・」という条件文のあとに それまでの獲得済み利益+資金の何%を投じよという命令文をつけていました。 「なるほど」と感心しました。 他にないかな?と当たってみると結構そういう構文を持ってるEAがあるんですね。 実はね、これがあたしの言ってる転換技術のひとつなんです。 その0.01ロット、最小単位が日本では「試し玉」と呼ばれている方法なんですね。 チャートをいくら見たって、バックテストをいくら繰り返したって どこにチャンスがあるかなんて神様しか知りません。 ならば資金管理の王道、「試し玉」ですね。 プラスになれば続いて張ってもプラスになる確率は大きいという読みですね。 大きな時間軸の方向があっていれば安心感も大きい。 自然に「順張り」になっていくんですね。 マイナスであれば本隊は出動しない。損切りしてもしれてる。 もちろん他にも条件文は付帯しますが・・・ 資金の何%というのは最大利益を得る資金管理を求めるという意味ですね。 ほかにも、人それぞれに「奥義」はお持ちと思います。 でも海を超えて、言葉も違う人たちの想いもまた同じなんだな・・・と なんとなく親近感を覚えました。

裁量トレード

FXの裁量トレードで稼ぐにはどのような方法が一番近道でしょうか。 教材を購入して勉強し、その後実践、自分なりのノウハウを見つけていく・・・。これが出来ればとても強いですが、莫大な時間と失敗などの犠牲が伴います。 時には呑み込みが早く、あっという間に稼げるようになる人もいることはいますが、それはほんの一握りです。 では、どうするのが良いか。 答えは「直接指導を受ける」です。 すでにFXで稼いでいて自分なりのノウハウの蓄積がある人からの直接指導を受けることが出来たら・・・。 あっという間に上達できると思いませんか? 紹介しているFX必勝法は、裁量トレードで成功した作者のオリジナルのトレード手法の解説だけでなく、その手法の作者本人からのサポートが受けられます。 これが一般の書籍との違いです。 こういったマニュアルは値段も高いですが、「作者本人からサポートが受けられる」というメリットを考えると、十分にその価値はあるのではないでしょうか。

↓最大2万円キャッシュバック!!↓

DMM.com証券