FX取引の基本的な概念

基本的な概念

基本的な概念はティックのパターンもダウ理論の存在する
微分された最小チャートと定義付けをして
その挙動を一定時間観察して水平ライン記して行きます

 

そしてそのラインの意味を各時間足チャートを参考にして
そのラインの重要度ランクを設けて色分けします

 

もし再度レートが、観察していた相場ゾーンに戻った時には
検証して、ライン値重要度の優劣の再確認をします

 

ティックがギザギザで水平に推移するラインには
時として私の乏しい知識範囲内でのテクニカル理論では
説明できないレート値もあります

 

しかし後に、相場がそのゾーンに戻りの時には
しっかり機能しています

 

最初は私のような初心者にとって
全世界トレーダーの意思が反映された
真実のレジサポラインを理解する方法として
採用してみました

 

仮に下げトレンドから保ち合いを経過してブレイクの場合は
また下げると言った意識を軸にして
トレンドに沿ったエントリーを基本にしています

 

 

私の思うことは
ティックギザギザ水平推移は
大手ヘッジファンドを含めそのラインに
何らかの設定をあらかじめしているからと
考えています

 

同様のあらかじめ設定で集中してロスカット等が設定されている
地雷原も存在します

 

ブレイクアウトした相場は
その地雷を踏むと一気に急伸します

 

プラスであれマイナスであれその急伸を
避けたり利用したりの手順です

 

プラストレードの場合・・
その地雷原一歩手前でエントリーすることで
大きな利益が産まれます

 

逆の場合は最小限に損金を抑えます

 

 

その地雷原に進もうとするティック挙動の法則を
私なりに想定して(勝手に決めて)トレードしています

 

@ 如何なる場合でも”ティックがギザギザで水平に推移するライン”で決済する
A エントリーはターゲットラインをクリア後、ティック上でのエリオット二回目でオン

 

 

  こんな感じですが、
  これまであまりに痛み少なく利が高くでなんか不安です
  この手順に絶対魔物が潜んでいると確信しています

↓最大2万円キャッシュバック!!↓

DMM.com証券